オーディション写真用のメイクを行う際のコツについて

2022/06/28

芸能事務所などのオーディションを受ける際、写真が必要です。
相手に良い印象を持っていただくためには、メイクを意識しましょう。
メイクの仕方ひとつで印象が大きく変わります。
今回は、メイクのコツについて解説させていただきます。

▼オーディション写真用のメイクを行う際のコツ
■ナチュラルメイクを行う
オーディションでは、応募者の良さをチェックされます。
素の自分をアピールするためには、ナチュラルメイクを行いましょう。

■ポーズとライティングに配慮する
オーディション用の写真を撮る際、ポーズやライティングを意識する必要があります。
ポーズを撮った際に自分の魅力が引きだされるよう、メイクを行うのが基本です。
また写真を撮った時に、不自然に白くならないようにするのもポイントに挙げられます。

■ニキビなどが目立たないようにする
オーディション写真用のメイクを行う際は、ニキビなどが目立たないようにしましょう。
カバー力の高い化粧下地を使うと、ニキビ・シミ・そばかすなどが上手く隠せますよ。

▼まとめ
オーディション写真を撮る時は、ナチュラルメイクがおすすめです。
ポーズやライティングを考慮し、ニキビがある場合はカバー力の高い化粧下地を使いましょう。

そうすることで、印象が良くなり書類選考に通る可能性が高まるかもしれません。
「フォトスタジオタンタン」では、オーディション写真に関する相談を受け付けています。
近いうち、何かしらのオーディションを受ける予定がある方は、当スタジオまで一度ご相談ください。