猫の写真の撮り方について

2024/03/03

愛猫の可愛らしい表情やしぐさを写真に残す方は多いでしょう。
日向ぼっこしている姿や愛くるしく見つめてくれる姿を、ぜひとも撮影したいですよね。
しかし、中には「写真がブレてしまう・いまいちかわいらしさを収めることができない」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、猫の写真の撮り方についてご紹介します。

▼猫の写真の撮り方
猫は警戒心が強い生き物なので、慣れないカメラや撮影に対して、警戒心を持つことがあります。
逃げたり怖がったりしたら、ムリに撮影せず少しずつカメラに慣らすことが大切です。
カメラを身近に感じられるよう、普段から目につく場所に置いたり、遊びながら楽しく撮影したり工夫してみてくださいね。
猫の写真の撮り方を見ていきましょう。

■自然光で撮影する
光が差し込む窓辺やカーテン際は、猫をかわいく撮影できる定番のスポットです。
自然光が差し込み、本来の毛並みやかわいらしさをありのまま撮影することができます。
外の明るさと部屋の暗さを活かして、陰影が浮かび上がるように撮るのもおすすめです。

■猫と同じ目線を意識する
猫を見下ろすように撮影していると、猫が上目づかいしている写真ばかりになってしまいます。
一味違った写真を撮るなら、猫と同じ目線・低い姿勢でカメラの高さを合わせましょう。
いつもと異なる表情豊かな姿を撮影することができますよ。

▼猫をかわいく撮るなら
近年は、フォトスタジオで愛猫を撮影する方が増えています。
スタジオならではの充実した照明や演出・さらにプロならでは撮影テクニックで、最高にかわいい瞬間を撮影することができるからです。
猫単体だけでなく、飼い主の方と一緒に撮影することもできますよ。

▼まとめ
猫の写真の撮り方は、自然光で撮影・猫と同じ目線を意識するなどのポイントがあります。
愛らしい姿をぜひ撮影してみてくださいね。
中々うまくいかない場合は、フォトスタジオで撮影することも検討されてみてはいかがでしょうか?
フォトスタジオならではの整った環境とプロのテクニックで、愛猫のベストショットを撮ることができますよ。