証明写真の表情について

2024/01/03

証明写真を撮影する際、「どんな表情で撮ればいいの?」と悩む方は多いでしょう。
特に、就活で使用する証明写真なら、好印象を持たれる写真に仕上げたいですよね。
今回は、好印象を与えることができる就活証明写真の表情についてご紹介します。

▼就活証明写真の表情
就活に使用する証明写真は、第一印象を決める大切な写真です。
証明写真は、セルフや店頭に置いてあるスピード写真機で撮影できますが、質の高い仕上がりを期待するならフォトスタジオに依頼しましょう。
好印象な表情のポイントをみていきます。

■軽く目を開く
いつもより少しだけまぶたを上げましょう。
少しだけ目を開くことで、瞳に光が入りやる気や自身を感じさせる目元になります。
反対に開きすぎてしまうと残念な印象になるため、あくまでも軽く目を開くことがポイントです。

■口角を上げる
無表情だと「とっつきにくい・不愛想」な印象を与えてしまうので、少しだけ意識して口角を上げましょう。
口角を5mm程上げるのがポイントです。
「笑うのが苦手・どのくらいかわからない」場合は、撮影前日に練習しておきましょう。
事前に練習・確認しておくことで、スムーズに撮影することができます。

▼証明写真は姿勢も大切
証明写真は、表情だけでなく姿勢も大切なポイントです。
背筋を伸ばして胸を開き、顎をほんの少し後ろに引きます。
どちらもやりすぎは不自然になるので、「適度」に実践しましょう。

▼まとめ
就活用の証明写真は、軽く目を開き、口角を上げることで、好印象な写真に仕上がります。
普段の写真とは異なるポイントなので、事前に確認・練習しておくことが大切です。
就活で証明写真を撮影する際は、ぜひ実践してみてくださいね。