愛犬の写真の撮り方について

2023/05/01

「愛犬の写真をたくさん残したい」と思う飼い主さんは多いでしょう。
目線がずれたり、顔に影ができてしまったりするのを防ぐためのツがあるんです。
そこで今回は、愛犬の写真の撮り方についてお話します。

▼愛犬の写真の撮り方
愛犬の愛くるしい姿を写真に残すために、上手に撮るコツを5つご紹介しますね。

■目線を合わせる
カメラを犬の目線に合わせて構えることで、真正面からの表情を捉えることができます。
犬目線の背景や景色を取り入れられるため、愛犬の世界観を写真におさめられるのです。

■連写で撮影する
撮影枚数を増やすことで「奇跡の一枚」に出会う確率が高くなります。
連写で撮影すれば動き回る愛犬を捉えられ、効果的な撮影が可能です。
たくさん撮ることで、一瞬では確認できなかった可愛い表情も写せるでしょう。

■キャッチライトを入れる
目にキャッチライトを入れて撮ると、いきいきとした愛犬の表情を捉えた写真が撮れます。
特に黒色の犬の場合は、キャッチライトを入れることで目の存在が際立って見えるでしょう。

■背景をぼかす
背景をぼかすことで犬の存在が主張され、柔らかい雰囲気の写真を撮ることが可能です。
逆光で撮る場合もエッジライトの効果によって、感動的な写真になりますよ。
また手前をぼかすことで、より幻想的で素敵な写真になるでしょう。

■犬のテンションをキープする
ベストショットを撮るにはオモチャやおやつを使って、目線を引きつけながら楽しんでもらうことが大切です。
愛犬のとびきりの笑顔や表情を撮るためにも、テンションをキープさせる工夫を心がけましょう。

▼まとめ
愛犬の写真を上手に撮るには目線を合わせて連続撮影を行い、犬も飼い主も楽しむことがポイントです。
目にはキャッチライトを入れながら、背景をぼかすことで柔らかい雰囲気の写真を残せます。

かけがえのない愛犬との時間を、ぜひ写真に残してみてはいかがでしょうか。
「スタジオタンタン」では、出張撮影のサービスを提供しております。
お気に入りの公園や素敵なロケーション撮影をご希望の方は、ぜひお気軽にご相談ください。